情報発信ビジネスでのメインサイトの役割と意義 解説動画

レジュメのダウンロードはこちらから

インターネット媒体で集客をする際にWEBサイトを利用して
見込み客を誘導するのは基本的なやり方になります。

殆どの法人企業もコーポレートサイトを所有していますし、
商品や商材の案件ごとに特化型WEBサイトを作成して広告宣伝していく場合も多いです。

セールスレター(ランディングページ)を作成してそこにアクセスを集める場合もありますし、
各種SNSなどでも広告媒体つくってWEBサイトやレターに誘導する場合もあります。


ビジネス集客におけるインターネット媒体の活用法とWEBサイトの役割部分を解説します。

インターネット媒体を利用した集客方法

当サイトで実践解説しているような
「インターネットビジネスで成果をだす為のコンテンツ」であれば
当然にWEBサイトに見込み客を集めてリスト化していく手法を取ります。

メルマガアフィリエイト実践と連動することにより、
WEBサイトへのアクセスをリスト化してメルマガ登録に誘導することにより、
継続的にオファーできる関係性を気づいていく狙いがあります。

WEBサイトへのアクセスをしっかりと見込み客にしていくやり方です。

この仕組みをしっかりと構築することで、
効率的な見込み客へのオファーをしていくことができます。

Print

インターネット媒体を利用した集客方法を考えるとたくさんの手法あります。

  • WEBサイトを構築して検索エンジンからのアクセス集客
  • WEBサイトやセールスレターを作成してアクセス誘導
  • TwitterやfacebookなどからWEBサイトへのアクセス誘導
  • You tube動画などからWEBサイトへのアクセス誘導

利用できる媒体も複数思い浮かびますが、
基本的にはメインとなるWEBサイトやセールスレターへの誘導が重要となります。

集客でのWEBサイト役割

インターネット集客におけるWEBサイトの役割は、媒体のメイン基地です。

ソーシャルサービスや様々なWEB媒体が多数ある中でWEBサイトは、
インターネット上で現時点で一番廃れていないコンテンツです。

インターネットを利用したビジネス展開をする時に、
メイン基地となるWEBサイトは是非構築しておきたいものです。

よく言われる形としては、
「WEBサイトは商店」「メルマガは営業担当員」と言われます。

  • WEBサイト → アクセスするユーザーに向けて商品を掲示する店舗
  • メルマガ → 読者に向けてこちらから読者のメールフォルダに飛び込む営業員

このような例えは的をついています。

公開されている媒体であるWEBサイトは、
情報を求める閲覧者(検索者)が訪問してメルマガ登録する場合もありますし、
ソーシャルサービスから誘導された閲覧者がメルマガ登録することもあります。

また、
いつでも商品情報を見れるようにWEBサイトに公開しておくことで、
検索エンジン等から「その商品を求めるユーザー」がアクセスして
直接的に商品成約する場合も少なくありません。

インターネットビジネス集客の基地としてメインWEBサイトを構築していきます。

メルマガアフィリエイトにおけるWEBサイトの活用法

メルマガアフィリエイトを実践する際のメインWEBサイトの役割は、
「集客」「教育」「販売」DRM全ての部分での補助的コンテンツを目指します。

  • 検索エンジンで調べているうちにサイトを知る(集客)
  • ➝サイト上の情報で価値を感じてもらえたらメルマガ登録してくれる可能性も

  • ネットビジネスに関して不明点をメインWEBサイトの情報で解決(教育)
  • ➝実践で疑問に思ったことをメインサイトの情報を閲覧して解決した

  • 実践途中でほしいと思った商材をサイトで探して購入(販売)
  • ➝サイトとメルマガでブランディングを獲得できていればWEBサイトから自動的に成約

情報発信ビジネスと組み合わせて利用しても、
しっかりとしたメインWEBサイトを構築しておくと上記のような状況がうまれます。

メルマガアフィエイトサイト

メルマガアフィリエイト実践においてもメインWEBサイトの役割は大きいです。
集客媒体としてだけではなく、コンテンツの内容次第でブランディングの獲得から、
自動的に成約して報酬発生していくこともあるからです。

しっかりとメインWEBサイトを構築していきましょう。