Googleウェブマスターツール(サーチコンソール)のサイト登録設定方法とサイトマップ送信までを解説

インターネットビジネス


WEBサイトを作成したら、Googleウェブマスターツールに登録しておくことによって、
Googleからのサイト評価が確認できたり、検索クエリが確認できたりします。
(※ウエブマスターツールは現在Search Console(サーチコンソール)に改名されています)

登録し、検索エンジンクローラー向けのサイトマップを送信することによって
グーグルボットによりサイトの存在を主張でき、インデックス促進にもつながります。

Googleウェブマスターツールとは

グーグルウエブマスターツールとは、Googleが無料で提供するWEBサイト管理者用ツールです。

Googleよりサイト運営に対するメッセージが届いたり、
どのようなキーワードでサイトが検索より重要視されているかが表示されていたり、
グーグル検索エンジンからみたサイトのHTML記述の状態を確認することもできます。

SEO上も様々な活用方法がありますので、是非登録しておきましょう。

グーグルクローム

グーグルウエブマスターツールにWEBサイトを登録しておくと、
サイトの存在をグーグル検索エンジンにより主張しやすくなる印象があります。

参照:Googleウエブマスターツール使い方とSEOに使える関連サイト

検索エンジンに対してサイトの状況を明確に伝える様々なツールと、
検索エンジンの運営サイト認識状況が把握できる情報が公開されています。

是非ウエブマスターツールの活用方法を理解しておきましょう。

Googleウェブマスターツール 登録方法

グーグルウエブマスターツールアカウントの登録作成方法を解説していきます。

  1. Googleアカウントを作成します。
  2. 参照:Gmailメールアドレス取得方法を解説
    (Gmailを作成すると、Googleアカウントが同時作成されます)


  3. Googleウェブマスターツールのアカウントを作成します。
  4. 以下、Googleアカウントにログインした状態でウェブマスターツールサイトにアクセスします。
    参照:Googleウェブマスターツール

    以下のような画面になります。
    赤枠内「サイトを追加」に登録するサイトURLを記載します。
    ウェブマスターツール登録1


  5. WEBサイトをウェブマスターツールに登録します。
  6. 上記、赤枠内「サイトを追加」に登録するサイトURL(http://を排除して記載)を記載し、
    クリックすると以下のような画面になります。
    ウェブマスターツール登録2

    いくつか登録方法がありますので、簡単な方法を解説します。

    • 推奨設定:HTML ファイルをサイトにアップロード
    • HTML確認ファイルをウェブマスターツール画面よりダウンロードし、
      ffftpで該当WEBサイトの http://○○○○○.com/public_html/の階層に
      アップロードします。

      参照:FFFTPの設定と使い方を解説

      ウェブマスターツール登録3


    • HTML タグ メタタグをサイトのホームページに追加
    • 上記のpublic_html階層にファイルをアップデートするよりもこちらの方法が簡単です。

      「別の方法」タブをクリック→「HTMLタグ」で指定された方法で設定します。
      ウェブマスターツール登録4
      上記画面中央の赤枠内、メタタグをコピーします。

      Wordpressダッシュボード→「外観」→「テーマの編集」→「header.php」
      に移動します。

      <head>セクション内の、最初の<body> セクションの前に上記のメタタグを貼り付けます。
      以下、画面の青部分がheadセクションです。この中の<head>すぐ後ろに貼ります。
      ウェブマスターツール登録5

      ※この方法は、Wordpressのアップデートなどで再び所有確認申請される場合があります。

  7. 登録完了を確認します。
  8. ファイルをアップロードしたら、登録完了したことを確認します。
    ウェブマスターツール登録6

    以下のような画面がサイトの基本管理画面となり、登録が完了です。
    ウェブマスターツール登録7

Googleウェブマスターツールにサイトマップを送信まで

WEBサイト上で、すでにクローラー用のサイトマップを作成している場合、
ウェブマスターツールでサイトマップ送信します。


WordPressプラグインGoogle XML Sitemapsが便利
クローラー用サイトマップ作成には、プラグインGoogle XML Sitemapsを使用します。
参照:Google XML Sitemapsの設定方法と使い方を解説


  1. ウェブマスターツールの「サイトマップがありません」をクリック
  2. 以下の赤枠部分をクリックします。
    ウェブマスターツール登録7

  3. 画面右側「サイトマップの追加/テスト」をクリック
  4. ウェブマスターツール登録8

  5. 「sitemap.xml」と記載して、サイトマップを送信
  6. 以下、サイトURLの後ろ側記入欄に「sitemap.xml」と記載します。
    ウェブマスターツール登録9

  7. サイトマップ送信完了を確認する。
  8. 以下のようにサイトマップが送信できてれば完了です。
    ウェブマスターツール登録10

グーグルウエブマスターツールに登録する意義と目的

グーグルウエブマスターツールに登録しておくと、
検索エンジンからみたサイトの状態がわかります。

登録の手間が若干かかるわけですが、長期的にパワーサイトとして運営するものは
是非登録しておいて検索エンジンでの上位表示を目指したいところです。

1つのウエブマスターツールには複数のサイトを登録できますが、
もしも検索エンジン手動ペナルティを受けたサイトや
グーグルアドセンスの停止ペナルティを受けたサイトがある場合に、
登録しているサイトが芋づる式にチェックされる可能性があります。

そういった部分も意識したうえでウエブマスターツールを利用していきましょう。


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
かなりな位置にいますので、是非現在の順位を以下のボタンより確認してみて下さい。
↓ ↓


記事の内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると嬉しいです!
  

コメントを残す


月収100万円を稼ぐ為のメルマガ講座に無料登録しませんか?


お名前 必須
メール 必須



サブコンテンツ

このページの先頭へ