Twitterを様々な媒体の集客に利用していく 解説動画

レジュメのダウンロードはこちらから

Twitterは無料で利用できるソーシャルサービスとして、かなりの利用意義をもつサービスです。

複数アカウントを所有が可能で商用利用が認められている部分だったり、
匿名性があるSNSなのでアフィリエイトに利用しやすい面もあります。

直接アフィリエイトリンクをツイートしていくこともできますし、
様々なジャンルの媒体などに集客窓口として利用することもできます。

利用方法と目的が多岐に渡って可能な無料サービスなので、
ネットビジネス実践には是非導入しておきましょう。

参照:インターネットビジネスでのTwitter活用方法解説

Twitterは情報拡散の起点となるSNS

Twitterは情報の拡散力に優れたソーシャルサービスです。

匿名で利用できるという点からも「発言のしやすさ」(ツイートのしやすさ)が特徴的です。

140文字制限という前提からも「気軽に日常の見たまま思ったままをつぶやく」という部分が
ユーザーにツイートする回数を強く促進している傾向があります。

アクティブに利用するツイッターユーザーは一日数十回ツイートしていきますし、
コミュニケーションを取る場合は短時間に何度もリプライしあいます。

その瞬間にツイートした内容を複数のフォロワーやユーザーに拡散されるので、
Twitterはインターネット上の情報拡散の起点となるサービスと言えます。

アカウント作成時に匿名性も利用できることから、
信憑性を確認する前に何となくみたまま感じたままをツイートしていけるので
更に爆発的な情報拡散に繋がることも多いです。

この情報拡散力はインターネット媒体の集客に利用していくことができます。

自身の運営するインターネット媒体をTwitterを利用して情報拡散し、
アクセスしてきたユーザーをリスト化していくなどしてビジネス展開できるのです。

様々な集客に利用していく

インターネットビジネスやアフィリエイトでTwitter集客を利用する場合には、
以下の様な状況で利用することが考えられます。

  • WEBサイトなどの運営媒体の宣伝ツイート
  • 集客したい属性への最新宣伝情報をツイッター上で露出
  • メルマガ登録などを登録フォーム公開して集客

自分の運営媒体(WEBサイトやメルマガ登録)にTwitterを利用して誘導していきます。

twitter集客

Twiterユーザーの属性は様々なジャンルがありますので、
その属性にあわせてツイッターアカウントを利用していき、
ツイートで価値を感じてもらい、オファーして運営媒体に誘導していけば、
自ずと様々な媒体の集客に繋がっていくわけです。

半自動化して集客できるTwitter

TwitterはBOTサービスを利用することにより半自動化も可能になります。

自動でツイートしてくれるBOTアカウントに設定しておけば、
その属性にあわせたフォロワーに対して自動的に集客ツイートをしてくれます。

BOT登録しているツイートは、
定期的にメンテナンスしていかないと当然に成約率は下がります。
やはり人間、機械的な作業にそんなに魅力を感じないので、
時々メンテナンスして新鮮なツイートにしていくことが必要です。
(思い切って新しいアカウントを量産してもいいかもしれません)

BOT機能サービスは有料無料それぞれで複数のサービスがありますので、
利用しやすいものを選択して使っていきます。

コミュニケーションをとってフォロワーを増やしていく

TwitterはBOT機能等を利用して半自動化したりできるサービスですが、
基本的にはゆるい雰囲気のコミュニケーションサービスです。

しっかりと今見たものや体験していることなどをそのままツイートしていくことにより、
フォロワーとコミュニケーションを成立させて信頼関係を構築していきます。

やはりユーザーは自分のツイートに反応してくれるリプライは嬉しいものです。
そのリプライもしっかりと相手ユーザーの意に沿った内容にしていき、
信頼関係を構築していけば気軽に自身のオファーも注目してくれます。

Twitter上でも関係性をつくりながらフォロワーを増やしていきます。

Twitterでの様々な媒体集客まとめ

  • ネット上の情報拡散起点となるツイッターを利用していく
  • 自分の運営媒体にTwitterから誘導していく
  • BOTアカウントでの半自動化も利用していく
  • コミュニケーションを取りフォロワーとかの信頼関係を構築していく

Twitterを利用した集客も基本的にはビジネスの原則に従ったものです。
サービスの特性をうまく利用して集客していきましょう。