アフィリエイト実践者でなかなか成果が出ない場合と、
気がついたらどーんと成果を出している実践者の場合があります。

この成果の違いは実践方法の明確な原因理由があり、
それに従って改善すればより良い結果にしていくことができます。

以下、動画で解説していきます。

レジュメのダウンロードはこちらから

アフィリエイト実践者の95%が5000円も稼げていないデータの嘘

上記の解説動画でも説明していきましたが、アフィリエイトでよく言われる
「アフィリエイト実践者の95%が月5000円も稼げていない」というデータはかなり古いものです。

95%が5000円もデータは、2005年のアフィリエイトマーケティング協会の
市場調査結果によるものであり、すでにその調査から9年が経過している状況です。
(僕自身もアフィリエイトマーケティング協会のWEB会員になりました。笑)

アフィリエイト・マーケティング協会

2013年では5000円稼げていないのはデータ上は55%までになっています。
このデータもリサーチ対象が不透明なのでちょっとした参考程度となります。

しかし、アフィリエイト実践で成果が出ていない割合も、
減ってはいれど存在するのも現実ではあります。

アフィリエイト理由

アフィリエイト実践の現場は凄いスピードで急成長しており、
月に100万円以上報酬を発生させる実績者が当たり前のように輩出されています。

その反面、なかなか成果でない実践者も多数おられるのですが、
その場合はやはり現状の実践方法を見つめなおすことをしていくのがおすすめです。

物事には全て原因と理由がある

アフィリエイト実践で成果でる場合にも成果が出ない場合にも、
全て原因と理由があります。

運やたまたま成果が出るという場合もアフィリエイトには存在しますが、
きちんと実践の実力を養っていかないと継続して成果をだすことは難しいです。

アフィリエイト実践で成果を出していくには以下の事柄を磨きます。

この2つの基本的な部分を意識しながら実力をつけていきます。
そうするとあるタイミングで成果が見えてくると思います。

アフィリエイトでの実績構築まで

「アフィリエイトで三ヶ月で10万円実績」などのキャッチコピーがあります。
これは見やすの期間としては確かにわかりやすいのですが、
例えば既にアフィリエイトスキルのある実践者だとしたら初月から10万円報酬も可能ですし、
まったくイチからアフィリエイトを実践する場合、三ヶ月で10万円報酬達成できれば、
なかなか素晴らしいペースだと言えます。

参照:初心者がアフィリエイトで10万円稼ぐ方法無料実践コース

目指すべきところは「継続的に報酬を発生し続ける仕組みと稼げる実力構築」なので、
一時的な実績のみで満足せずに更なるインターネットの
レバレッジ効かせた手法にチャレンジしていきます。

トレンドアフィリエイトで10万円実績を構築できたとしても、
1サイトでの運営ではグーグル次第でペナルティなどのリスクがつきまといます。

なのでアフィリエイトで継続的に成果出せる実力を身につけるために、
必要な自己投資と行動力を磨いていきましょう。