ウインドウズ10アップデートでスカイプやカムタジアスタジオの音声エラー発生!通話録音できない状態

2015年7月29日から無料提供されているウインドウズ10のアップデートですが、
早速利用しているパソコンをアップデートしている一部ユーザーから
「一部のアプリやソフトで不具合がある」と悲鳴の声が上がっています。

  • スカイプで通話ができない!
  • カムタジアスタジオで録音ができない!
こういった症状がよく聞く状態になっています。
(特にネットビジネス実践者の方々から聞きます)

ウインドウズ10


WINDOWSパソコンに限らずパソコンOSをアップデートさせると、
利用しているソフトウェアがその最新OSに対応していなくて、
起動できなかったり一部操作でエラーが見られたりする場合があります。

現時点の2015年7月30日時点では
「スカイプの通話がうまくできない」「カムタジアスタジオの録音ができない」
この2点の状況を確認しています。

それ以外のソフトウェアやアプリケーションでも、
様々な不具合があることが予想されます。

音声関連のソフトが現時点では不安定か?

2015年7月30日現在で確認している状況では、
音声関連のソフトウェアで不具合を確認しています。

  • スカイプで音声通話ができない
  • 通話相手の音声は聞こえる状態ですが、
    ウインドウズ10使用パソコンのマイクからの音声が通話相手に聞こえないようです。

  • カムタジアスタジオで音声録音ができない
  • カムタジアスタジオでの音声録音がうまくできないようです。

    インプットマイクは反応しているようなので、
    カムタジアスタジオ自体のウインドウズ10との互換状況が問題かもしれません。

音声関連の不具合がわかっています。

通常にパソコンを起動しての
インターネット閲覧やメールソフトの起動等は通常通りできますが、
少し専門的なアプリケーションやソフト、動画になると不具合があるようです。

ソフトウェアのウインドウズ10対応状況

WINDOWS10は今後のパソコンでの主流OSとなっていくと思われるので、
ソフトウェアを提供している企業もOSのバージョンアップに自社ソフトを対応してきます。

なので、
スカイプとカムタジアスタジオも今後ウインドウズ10バージョンでも、
通常通り起動して動作するようにソフトをバージョンアップすることが予想されます。

どうしてもウインドウズ10がリリースされてから、
実際に稼働状況をテストして更新ファイルを作成する流れになるので、
ある程度の時差ができてしまうわけですね。

Microsoftもリリース前のOSをテスト配布していくとキリが無いので、
新OSリリース後に各ソフトウェア提供会社は対応していくことが多いという状況です。

WINDOWS OSのアップデートの傾向

WINDOWS OSは基本的には未完成のままリリースされていきます。
これは過去のOSを発表された時も常にそうでした。

OSのバグや不具合が見つかって対応すべきものであれば、
Microsoft側が更新ファイルを作成してリリースしています。

こういった更新ファイルは随時公開されており、
100%の完成はないまま(宣言されないまま)サポート期間終了を迎えるものです。

Windows XPなどもサポート期間を終了しています。

ウインドウズ10のOSリリースは異例

今回のWINDOWS10リリースは、マイクロソフトとしては異例の無料リリースでした。

なので、
たくさんの宣伝コンテンツもありユーザー数を一気に獲得したい狙いが見えました。

WINDOWS8やWINDOWS8を利用しているユーザーも、
無料で最新のウインドウズ10にアップデートできるのは魅力です。


パソコン端末のシェアを二分するアップルとの競争部分もありますが、
ユーザー数を獲得したい狙いがあるのは明確だと思います。

それによって既存のウインドウズユーザーも、
莫大な宣伝手法にのってすぐにアップデートすると、
様々なソフトウェア利用で支障が出る可能性があります。

慎重にやっていくのがいいですね。

パソコンOSの更新に関する注意点

パソコンのOS変更は以前からこういったトラブルがありました。

それまで利用していたソフトが新しいOSになったら使えなくなったり、
単にパソコンのユーザーインターフェース自体が使いにくかったり、
起動や動作が遅く(重く)なったり等など。

パソコンを利用する目的はインターネットを活用したり、
ファイルデータを作成したり、というものなので、
最新のOSを使わなければならないという部分は特別ありません。

当然パソコンやインターネットの専門家はいち早く利用してみて、
その内容を検証して仕事としてコンテンツにしたりする必要はありますが、
一般的なユーザーはしっかりと初期段階のバグが見つかり対応されて、
様々な情報が出そろった時期にアップデートしたり買い替えたり、
またはそのまま現行OS利用を決めたりしても遅くないです。

アップデートは計画的に!って感じですね。


無料メルマガ登録はこちらから → 特典付きメルマガ登録


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
かなりな位置にいますので、是非現在の順位を以下のボタンより確認してみて下さい。
↓ ↓


記事の内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると嬉しいです!
  

One Response to “ウインドウズ10アップデートでスカイプやカムタジアスタジオの音声エラー発生!通話録音できない状態”

  1. 園山恭平 より:

    アフィリエイトサイト作成ツールシリウスを利用している場合、WINDOWS10にアップデートするとアクティベーションコードを再取得しないといけないようです。

    http://sonoyama.org/9223.html

    注意してアップデートしていきましょう。

コメントを残す


月収100万円を稼ぐ為のメルマガ講座に無料登録しませんか?


お名前 必須
メール 必須



サブコンテンツ

このページの先頭へ