ネットビジネスの全貌を暴露、無料プレゼント!


Googleアドセンス規約でのトレンドアフィリエイト画像動画の使用方法を解説

園山恭平田原俊彦


トレンドアフィリエイトを実践していく上で、
ある程度は画像を使用していく必要があります。

既存の画像自体には、著作権も肖像権もありますが
インターネットの普及により、ある程度黙認されている状況です。

(権利に超厳格にやっていくのであればそもそもインターネットが成立しない)

Googleストリートビューなどが権利侵害に当たるとして訴えられているような状況です。

インターネットの普及でソーシャルな時代になってきているので、
それに見合った方法で前向きな利用方法をしていくことで実践します。


トレンドアフィリエイトでの「画像・動画」などの
アドセンス規約に抵触する可能性の低い使用方法を解説していきます。

トレンド画像フリー



トレンドアフィリエイトでの画像使用

前述したとおり、すでにある既存の画像には著作権も肖像権も存在します。
なので権利者に無断で使用することはグレーな行為となります。

ですが、
現実的にはインターネットの普及に伴って大部分が黙認されています。

よほど悪質な誹謗中傷に使用しない限りは、
インターネット上での画像転用には「実際の処罰」の可能性はほぼ無いと言えます。


芸能人名にも画像にも著作権や肖像権があります。
かつてはレコード会社や事務所から使用する素材が出版社等に配布されていたものです。
僕もレコード会社勤務時に経験しています

昨今はデータでのやり取りが圧倒的に多いので、
この部分もメール送信やサーバー上に宣伝素材をアップロードして配布することが多いようです。

このような宣材をネット上で拡散してもらう分には基本的には「宣伝」行為となります。
(告知解禁時期の部分や、使われたくない理由がある場合も当然ありますが)

芸能人などの画像を過剰に使用していると、その芸能人所属事務所の方針で
「使用を控えてほしい」という旨のメールが来るケースも確認されています。

ですが、それもすぐに削除するなどして対応すれば解決する場合が殆どです。
(芸能事務所の担当者が目視で確認しているのです。)


なので、芸能人の画像を使用することに関しては
好意的な内容の記事であれば「宣伝」になるので問題ないです。


もしも芸能事務所からクレームがきたら
もしも芸能事務所からクレームメールが来たら、
該当記事と画像を削除し、謝罪メールを入れます。

それで沈静化する場合がほとんどです。

何かクレーム案件が発生する場合に、速やかに対応できるように
サイトにお問い合わせフォームをつくっておきます。

参照:Contact Form 7
WordPressでブログ作成時にはプラグイン使用が便利です)


トレンドアフィリエイトで使用を控えるべき画像

それでは、
トレンドアフィリエイトで使用を控えた方がよい類の画像をあげていきます。
基本的には、Googleアドセンスの規約に準じて使用を制限します。

  • 一般人の顔写真画像
  • ネット上で炎上した人物だとしても、直接画像を掲載するのは控えます。
    アドセンス規約は個人情報に厳しいです。

  • 水着
  • 極端に肌を露出した画像や性的な画像をGoogleは規約で禁じています。
    実際どこからどこまでNGなのか微妙ではありますが、なるべく控えます。

  • ディズニー
  • ディズニーは著作権にとても厳しいので控えます。

  • 凄惨な画像
  • アダルト画像

アドセンス規約を順守していく上でよく使われる表現は
「子供と一緒に見て問題無いコンテンツの作成」です。
この部分を意識して構築すれば大丈夫です。


画像を利用するときには

芸能人などの人物が映っている画像を利用する場合には
どうしてもインターネット上などから利用する場合がでてきますが、
同じ画像をそのまま使っているとコピーコンテンツとなります。

コピーコンテンツは検索エンジンに対してもよくありません。
画像を加工して検索エンジンにオリジナルコンテンツと認識させていきます。

画像の適切な加工方法は以下の記事を参照して下さい。
参照:画像からアクセスを集める最適設定方法と記事の書き方を解説


※画像の編集には無料ソフトPhotoScapeがおすすめです。
参照:画像作成に便利なツール・サービス・ウェブサイトまとめ


どうしても危険な画像を差し込みたい時には

どうしても危険な画像(水着や芸能人プリクラスキャンダルなど)を記事内に差し込みたい時ですが、
他のサイトに掲載している画像URLにテキストでリンクを貼り飛ばすことにより
自分のサイトに画像を貼らずに対応できます。


イメージ画像を差し込みたいときは

芸能人画像以外でイメージ画像がほしい時には、無料素材サイト等から利用することができます。

参照:無料イラスト素材フリーデザインおすすめ素材集一覧まとめ


動画の使用に関し

You tubeの動画は、Googleが管理していることもあるので
規約に遵守していない動画はYou tube側からどんどん削除されていきます。

なので、上記のGoogleの規約内でそこまで気にせずに使用していきます。

当然ながらGoogleの規約内でアダルト的なものなどは控えます。


ソーシャル時代に適応していく必要性

かつての時代は著作権・肖像権という権利自体がなかなか理解しづらいものでした。
普通に生活していると、自分で画像を扱ったりすることがなかったからです。

インターネットが普及し、パソコンが手軽になり、
データで色々なものを管理できるようになり、
時代は変わりました。


そこで個人でも画像や動画を扱うことが手軽になってきたので、
このようにインターネット上での著作権・肖像権も見直されてきています。

しかし、元来の権利部分は昭和時代に決められたもののままです。

インターネットがどんどん普及していくことにより、状況はどんどん変わります。
善意で前向きな利用方法を常に意識して、誰しもに喜ばれるコンテンツを作成していきましょう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると嬉しいです!
  

コメントを残す

月収100万円を稼ぐ為のメルマガ講座に登録しませんか?


お名前 必須
メール 必須


この記事を読んだ方はこの記事も読まれています…

サブコンテンツ

このページの先頭へ

无觅相关文章插件,快速提升流量