検索エンジンランキング最適化には画像動画設置が効果的

WEBサイトを運営する際に検索エンジンランキングで上位表示を目指すことは
サイトアフィリエイトを実践する上で避けて通れない道です。

グーグルガイドライン


Googleが公開している「ウエブマスター向けガイドライン」が2012年に更新され、
グーグルがWEBサイト運営者に望む内容が公開されています。

WEBサイトを検索エンジンランキング最適化する為の方法が公開されているということです。

このガイドラインにしたがってWEBサイトを作成しつつ、
SEOの手法を学びながら実践することが検索エンジンランキング攻略の近道です。

Googleガイドライン 「ウェブマスター向けガイドライン」一部更新

サイト制作に向けてGoogleの基本方針が記されている
Googleガイドライン 「ウェブマスター向けガイドライン」が一部更新されました。

参照:Google ウェブマスター向けガイドライン

このウエブマスター向けガイドラインには検索エンジン対策SEOとして
WEBサイトの内部要因を最適化すべき方針が解説されています。


2012年10月4日にウェブマスター向けガイドラインが更新

ウエブマスター向けガイドラインは2012年10月4日に内容が更新されたようです。

特に「コンテンツに関するガイドライン」が興味深く更新されており、
以下の部分などが追加されています。

Googleのクローラーは、
基本的には画像や動画の内容は読み取れないのですが、
これらを設置しているサイトを高く評価しています。

とのことです。
検索エンジンは起伏に飛んだ記事ページがより最適なようです。


画像挿入や文字装飾が好材料になる

以前にGoogleが発表した内容ではWEBサイトの内部要素に関して、
淡泊なサイトや記事を多く持つサイトにスパムが多い
と紹介されていました。

つまりテキストしかない、装飾されていないサイトは、
SEO目的のサイトの場合が多く評価を下げるということです。

頑張ってサイトを更新しているのに、画像が無く、文字装飾が少なかったら
SEO目的のサテライトサイトとみられる可能性すらあります。


なので記事中にある程度画像や文字色をいれたり、
動画を挿入したりして記事内コンテンツをいれることが重要になってきます。


検索エンジン対策内部要因最適化に向けて

上記の記事は2012年10月5日に書いたものですが、
2013年7月現在もGoogleは画像を挿入していたり
記事中に文字装飾やコンテンツがあるサイトを高評価しています。

動画の記事中への埋め込み挿入は、たとえばYou Tubeの埋め込みなどは、
You Tubeメインサイトへの発リンクがでてしまうので一長一短な部分もあります。

しかしシンプルに閲覧ユーザーの視点から見ると
(動画にもよりますが)何も無いよりあった方が良いとも言えます。
(過度なYou Tube動画挿入はSEO上よくありません)

Googleの検索エンジンは常時アップデートを繰り返しているので、
ユーザーに高評価されるようなサイト運営を心がけつつ訪問者を増やす工夫をし続ける、
と言った流れが推奨されます。


今後のSEO手法に関しては、
まず第一に最適な内部要因を理解した上でWEBサイトを構築し、
そのサイトを閲覧ユーザーに多数築いてもらう努力をしまくることで
検索エンジンランキング最適化できると思います。

判断要素は複数ありすぎるので少しづつ学んで吸収していきましょう。


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
かなりな位置にいますので、是非現在の順位を以下のボタンより確認してみて下さい。
↓ ↓


記事の内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると嬉しいです!
  

コメントを残す


月収100万円を稼ぐ為のメルマガ講座に無料登録しませんか?


お名前 必須
メール 必須



サブコンテンツ

このページの先頭へ