コピペチェックツール比較とサイトアフィリエイト記事外注化での利用方法解説

サイトアフィリエイトを実践して複数サイトを運営していくようになると
記事の外注化をしていく方が効率的になっていきます。

サイトを構成する記事文章を外注ライターに書いてもらって
納品された記事をWEBサイトに掲載していく作業が基本になります。
(直接サイトに書いてもらう場合等もあります)

記事外注化をしていくとぶち当たる問題があります。
記事文章のコピペ掲載です。

コピペチェックツール比較


楽に早く依頼記事をあげようとして他サイトから
コピーした文章を納品する外注ライターは残念ながら少なからず存在します。

インターネット上に存在する文章は少しは似ているモノが存在するものですが、
全く同じものをコピーペーストして掲載すると、
検索エンジンからもコピーコンテンツで形成しているサイトと判断され、
ペナルティの対象となるリスクが高まります。

またコピー元のサイトからは
著作権侵害の対象として訴訟されるリスクされあります。
(実際に訴えられたアフィリエイトサイトの事例を知っています)

そこで必要になってくるのが「コピペチェックツール」の活用です。

幾つかあるアフィリエイトサイト運営に利用できる
コピペチェックツールを比較して解説します。

アフィリエイトサイト運営で利用できるコピペチェックツール

サイトアフィリエイターによく利用されている
コピペチェックツールを紹介して比較していきます。

  • コピペリン
  • コピペリン画像

    コピペリンは操作も簡単で利用しやすいコピペチェックツールです。
    年間ライセンス制で利用価格は1年間で6480円です。
    利用回数は無制限で利用できてコピーコンテンツ抽出精度も高いと言えます。

  • 影武者
  • 影武者は老舗のコピペチェックツールです。
    月額4320円で月100回の利用ができます。(プラン100の場合)
    上位コースもありますが利用価格がかなり跳ね上がりますので
    個人利用する場合にはあまり現実的ではないです。

  • コピペチェックExpressⅡ
  • コピペチェックエクスプレス2

    9800円での買い切り型ツールで価格的には一番リーズナブルです。
    価格はリーズナブルですがコピペチェック機能は通常通り利用できます。
    文字数やチェックデータ形式も大体のものに対応済み。

    ※リンク切れになりました。販売終了の可能性があります。

  • SCK
  • SIRIUS(シリウス)の販売元であるACES WEBが月額制で提供しているサービス。
    コピぺチェックツールの「イーグルアイ」の他にもSIRIUSと
    中古ドメイン探査ツール、無料ブログ管理ツール、PING送信ツール等などの
    アフィリエイトサイト構築に便利なツールがパッケージ化された月額課金サービス。
    月額利用料金は6000円。
    継続利用でSIRIUSの追加テンプレートが特典になるのもよい。
    全部まとめてほしい時には有り。

有料のコピペチェックツールを比較検証してみると、
2014年11月現在では以下の状況といえます。

  • 精度と価格のバランスだと「コピペリン」
  • 価格面を重視するのであれば「コピペチェックExpressⅡ」
  • これからサイトアフィリエイトをやりたくてSIRIUS持ってない場合は「SCK」

コピペチェックツールは精度が低いと使いものにならないので、
上記の有料のモノを利用していくことをおすすめいたします。

無料で利用できるコピペチェックサービス

コピペチェックツールは無料で利用できるサービスもあります。
ツール精度は有料で提供されるものと比べると劣る部分が多く、
アフィリエイトサイトの外注記事チェック利用を目的に
コピペチェックツールを作成されていない場合もあるので、
参考として利用するような感じで使っていくことをおすすめします。

  • クラウドワークス
  • クラウドソーシングサービスの「クラウドワークス」が会員に向けて
    無料利用できるコピペチェックツールを提供しています。
    登録後に「コピペチェックツールβ版利用申し込み」をします。
    (使用段階ツールの提供なので利用人数が限られています。お早めにどうぞ)

  • こぴらん
  • 剽窃チェッカー
  • 上記のコピペツールは正確にチェックする為に文字数や改行半角全角の設定を
    きちんと細かく設定する必要があります。
    検出結果は検索エンジン上でのヒット状況などで反映されていきます。

サイトアフィリエイト記事外注化での利用方法

複数のアフィリエイトサイトを構築していくサイトアフィリエイトの実践では、
記事テキストの外注化は導入したい仕組みとなります。

そこで「クラウドワークス」などのアウトソーシング外注斡旋サービスなどから
ライター募集をして外注ライターを探していきます。

クラウドワークスは上記でも解説したとおり、
会員向けにコピペチェックツールの無料提供を試験的にはじめています。

そのくらいコピペ納品する外注ライターに対して
企業としても対策をしてきているという証拠です。

まずはこのクラウドワークスの無料コピペチェックを利用してみて、
状況を理解しつつ同時に外注ライターも募集していくのもいいです。

その後、
記事の納品状況にあわせてコピペリンかコピペチェックExpressⅡを導入していきます。

同時に自分でアフィリエイトサイトを構築していき、
商品成約しやすい訴求の強いライティングをマスターしていきます。

まず自身の記事で成約していかなければ
外注のみでは大きな成果を出し続けるのは難しいです。

スキルを構築しながらアフィリエイトを実践していきましょう。

コピペチェックツール比較と利用法まとめ

サイトアフィリエイトを実践する際に記事の外注化は取り入れていくべき仕組みです。

同時にコピペ対策をしっかりとしていかないと、
成果を出し続けるのは難しいので、早い段階でツールを利用していきます。

まずは無料で利用できるものを使って状況を知り、
有料ツールの利用で安定的なアフィリエイト実践に活用していきます。

同時に自身のアフィリエイトサイト構築と
ライティングもスキル向上していきましょう。

自分で成約率高いサイトを構築できなければ外注化しても成果が出ないからです。
実践を続けていきましょう。


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
かなりな位置にいますので、是非現在の順位を以下のボタンより確認してみて下さい。
↓ ↓


記事の内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると嬉しいです!
  

コメントを残す


月収100万円を稼ぐ為のメルマガ講座に無料登録しませんか?


お名前 必須
メール 必須



サブコンテンツ

このページの先頭へ