クッキー(Cookie)とは?アフィリエイトリンクなどの有効期間を示す

アフィリエイトを実践していると、「クッキー(Cookie)」という言葉を度々聞きます。
これは、簡単にいうとリンクの有効期間なのですが、もう少し詳しく解説していきます。

クッキーCookieアフィリエイト


アフィリエイトにおけるクッキーは、報酬発生を左右する重要な仕組みとなります。

クッキー(Cookie)とは?

インターネット上で指す「クッキー(Cookie)」とは、
WEBサイトの訪問者データを、その訪問者のパソコンデータ上に書き込んで
一定期間保存させる仕組みを指します。

クッキーにその閲覧ユーザーが、サイトの訪問日時やアクセス回数などを
自身のパソコンデータ上に記録しておくことができる仕組みです。
(サイト運営者ではなく、閲覧ユーザーのパソコンデータ上に記録)

アフィリエイトにおけるクッキー(Cookie)

アフィリエイトでは、該当のアフィリエイトリンクを閲覧ユーザーがクリックした後
どの程度の時間で商品を購入すればそのアフィリリンクが有効になるか、という部分で使用します。
(アフィリエイターの報酬発生の目安となります)

一度設置されているアフィリエイトリンクをクリックしたら、
ウェブ上でアフィリエイトリンクが報酬発生として有効な期間を指します。

言い換えると、クリック後何日以内(何時間以内)に商品を購入すると
アフィリリンクを設置したアフィリエイターにアフィリエイト報酬が発生するという仕組みです。


大手アフィリエイトASPのクッキー期間

大手アフィリエイトASPのクッキー期間を比較します。


楽天アフィリエイトは、クッキー期間が30日間である部分や
販売数商品数知名度から考えると、かなり報酬があがりやすいアフィリエイトASPといえます。

参照:アフィリエイトサービスプロバイダーASP一覧まとめ


クッキー(Cookie)の具体例

まだわかりにくい場合用に、クッキー(Cookie)の具体例を記載します。

  1. アフィリエイトリンクを設定します。
  2. 以下のように、楽天アフィリエイトなどの商品リンクを設定します。
    今回は上記の「男はつらいよ」を見本として設置します。

  3. 商品リンクを宣伝し、クリックしてもらいます。
  4. インターネット媒体に設置した商品リンクを閲覧者にクリックしてもらいます。

  5. クリックされた瞬間に、クッキー(Cookie)が有効になります。
  6. 楽天アフィリエイトなら30日間クッキーが有効になり、
    その間にその閲覧ユーザーが楽天市場で商品を購入すればアフィリエイト報酬が発生します。
    (別の商品だとしても購入商品の報酬が発生)

    ※ただし、商品購入までに別のアフィリエイトリンクを踏んだ場合は、
    クッキーが他のアフィリエイターのものに書き換えられます。



  7. クッキー有効期間中に商品購買で、アフィリエイト報酬発生
  8. 以下のようにクリック数と報酬発生数がレポートになっていきます。
    楽天アフィリエイト成果

    上記は楽天アフィリエイトのレポート例です。

    クリック数と報酬発生金額のバランスがずれていますが、
    これはクッキーが長期間有効なので起こりうる状況です。


クッキー(Cookie)まとめ

クッキー(Cookie)とは、アフィリエイトにおいては重要なポイントです。
アフィリエイトリンクなどのURLリンクをふんだ足跡のようなものです。
有効期間があるので、うまくアフィリエイト戦略に組み込んでいきましょう。


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
かなりな位置にいますので、是非現在の順位を以下のボタンより確認してみて下さい。
↓ ↓


記事の内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると嬉しいです!
  

2 Responses to “クッキー(Cookie)とは?アフィリエイトリンクなどの有効期間を示す”

  1. yoto より:

    楽天アフィリエイトのクッキー機能は、
    テキストリンクやショップのホームでも、期間は30日ですか?

    • 園山恭平 より:

      yotoさん、コメントありがとうございます。

      楽天アフィリエイトのログインしてマイページより生成したアフィリエイトリンクがクリック後クッキー30日間有効という状況ですね。

      テキストリンクも現時点では該当しています!

コメントを残す


月収100万円を稼ぐ為のメルマガ講座に無料登録しませんか?


お名前 必須
メール 必須



サブコンテンツ

このページの先頭へ