コンテンツキーワード(Googleウェブマスターツール)でサイト最適化する方法

WEBサイトは、サイトごと検索エンジン上で「強いキーワード」というものがあります。

コンテンツキーワード


Googleウェブマスターツールを利用して、この「WEBサイトごとの強いキーワード」
コンテンツキーワード)を調べて最適化する方法を解説していきます。

グーグルウエブマスターツールでコンテンツキーワードの確認方法解説動画


WEBサイトには、固有のキーワード評価が存在する

そもそもWEBサイトの検索エンジン評価には、以下が存在します。

  • そのWEBサイト特有の検索エンジンに強いキーワード
これが存在します。

例えば「健康のサイト」であれば「健康」というキーワードを使っていくことにより、
「健康」というキーワード検索に強いサイトになっていきます。

例えば「ダイエットのサイト」であれば「ダイエット」というキーワードを
サイト内に使っていくことにより、「ダイエット」の検索に強いサイトになっていきます。

(検索エンジンランキングには、もちろん競合サイトとの兼ね合い等で順位が決まります)


「健康のサイト」で「金融ビジネス」などそれまでと関係ないキーワードを使って記事を書いても、
なかなか検索エンジン上の評価は、「健康」より上に行きにくかったりします。
(当然、サイトの基本的な評価により上位表示される場合もあります)

参照:パーソナライズド検索オフシークレットウインドウで検索エンジン順位確認方法
(フラットな検索エンジンランキングを知りたいときにはシークレットウインドウを利用します)

コンテンツキーワードの意義と利用法

GooglウェブマスターツールにWEBサイトを登録しておくことにより、
検索エンジンよりサイト内で重要視されているコンテンツキーワードが確認できます。

コンテンツキーワードの認識は、サイトアフィリエイトにおいて重要なポイントです。
是非意味と利用方法を理解しておきましょう。

コンテンツキーワードとは?

コンテンツキーワードとは、Googleがサイト中で重要であると認識しているキーワード。
Googleウェブマスターツールでは、上位200個までのキーワードが表示されています。

ターゲットとするキーワードが、コンテンツキーワードとして上位に表示されていれば
グーグル検索エンジンよりサイト内で重要なキーワードと認識されており、
他のキーワードと比べて検索上位表示される可能性が高まります。


コンテンツキーワードの確認方法

  1. Googleウェブマスターツールにサイトを登録します。
  2. 参照:Googleウェブマスターツールへのサイト登録設定方法とサイトマップ送信まで

  3. Googleウェブマスターツールにログインします。
  4. こちらからウェブマスターツールにログインします。

    以下のような画面になります。
    ウェブマスターツール1


    該当サイトのダッシュボードを開きます。
    以下画像赤枠内の「Googleインデックス」→「コンテンツキーワード」と開きます。
    ウェブマスターツール2


  5. コンテンツキーワードを確認する。
  6. 以下、「コンテンツキーワード」で表示されているのが
    上からサイト内で重要なコンテンツキーワードとなります。
    ウェブマスターツール4
    上記は、こちらのサイトの例となります。

    サイトタイトルである「園山」「恭平」「記」が上位にあり、
    その他、サイト内で出現頻度が高いキーワードがランキングされています。

    このサイトは「園山」「恭平」「記」というキーワードに特化したサイトということになります。

コンテンツキーワードを最適化する方法

コンテンツキーワードで重要視されているキーワードを最適化することにより、
目的となるキーワードでより検索上位表示されやすい状況に近づけることができます。

例えば「アフィリエイト」関連のキーワードで上位表示させたいのに、
WordPress」のコンテンツキーワードがトップにある場合などは、
「アフィリエイト」のキーワードを強化していきます。

コンテンツキーワードの最適化方法は以下のとおりです。

  • ターゲットキーワードのサイト内出現頻度を上げていく
  • あまりに詰め込みすぎると、ペナルティを受ける可能性があるので、
    自然な流れでターゲットキーワードを散りばめていきます。

    記事タイトルに使用していくのが効果的です。


  • ターゲットキーワードのサイト内リンクを強化する。
  • ターゲットキーワードを扱う記事やキーワードそのものを、
    サイト内リンクしてクローラーに重要だと認識させていきます。

    サイト内リンクには、アンカーテキストを使用します。

コンテンツキーワードは長期的な視野も

コンテンツキーワードの改善は、ある程度の記事投稿しているサイトは、
短期的に改善するのが難しい場合があります。

長期的にWEBサイト内コンテンツを最適化していき、
コンテンツキーワードを検索エンジンに認識させていく必要があります。


WEBサイト構築初期には、どのようなキーワードで上位表示させたいかを
予め構想してから構築していく必要があります。


ターゲットキーワードでの検索順位を調べるには

SEOツール・SEOチェキ!などでキーワードの検索順位を調べることができます。

参照:SEOチェキ!の使い方と見方を解説します。


コンテンツキーワードサイト最適化まとめ

  • WEBサイト構築には、コンテンツキーワードを意識することが重要
  • コンテンツキーワードの最適化は、長期的な視野も必要

いろいろな題材を扱うトレンドアフィリエイト手法が流行していますが、
上記記事からもわかるように、ひとつのサイトで本当にキーワードを強くする場合には、
キーワード特化型サイトを構築していった方が効率的です。

ごちゃまぜのサイトは、どうしても検索エンジン評価がばらつきます。


コンテンツキーワードを重視した関連記事


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
かなりな位置にいますので、是非現在の順位を以下のボタンより確認してみて下さい。
↓ ↓


記事の内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると嬉しいです!
  

One Response to “コンテンツキーワード(Googleウェブマスターツール)でサイト最適化する方法”

  1. 宮城寛明 より:

    いつもありがとうございます。
    やっと、グーグルマスターツールに登録できました。
    なかなかうまくいかずに何回かためして
    やっと、グリーンのチェックマークが付きました。

    一つクリアーです。

    続けて次に進みます。

コメントを残す


月収100万円を稼ぐ為のメルマガ講座に無料登録しませんか?


お名前 必須
メール 必須



サブコンテンツ

このページの先頭へ