Similar Posts関連記事表示プラグイン設定方法使い方解説

Similar Posts


WordPressサイトで、記事の最後などに関連記事を表示するプラグインは多々ありますが、
今回はシンプルで使いやすい関連記事表示プラグインSimilar Postsを解説します。


関連記事表示をさせると、
閲覧ユーザーが更にサイトの別記事を閲覧してくれる可能性が高まるばかりか、
それによるサイト滞在時間の向上や、サイト内部リンクの向上にもつながります。
(記事内からサイト内他記事への内部リンクはSEO上重要な意味を持ちます)

上記事柄などからも、
関連記事を記事最後に表示させるのはとても有意義といえます。

Similar Postsの導入設定方法

Similar Postsのインストールには、
まずその前にプラグインのライブラリを呼び出す関連プラグイン
Post-Plugin Library」プラグインをダウンロードして有効化する必要があります。

まずPost-Plugin Libraryのダウンロードと有効化を

Post-Plugin Library」は、
Similar Postsなどとセットで有効化する必要があるプラグインです。

Post-Plugin Library」は、プラグインの検索からインストールできます。

参照:WordPress プラグインのインストール設定方法


Similar Postsのインストールと有効化

Post-Plugin Libraryを有効後、Similar Postsをインストールします。

  1. Similar Postsをプラグイン「新規追加」→「検索」よりインストールします。
  2. Similar Postsは、「新規追加」→「検索」で表示されます。
    シミラーポスツ設定1

    Similar Postsのオフィシャルサイトはこちらです。

  3. インストールしたら、有効化します。

Similar Postsの詳しい設定方法

Similar Postsを有効化後、詳細な設定をすることにより、
関連記事の表示場所を指定したり、表示記事の基準を変更したりできます。

  1. WordPressダッシュボード「設定」より「Similar Posts」の設定をします。
  2. 以下赤枠部分にSimilar Postsの設定箇所ができています。
    シミラーポスツ設定2

  3. Similar Posts設定画面より設定していきます。
  4. 重要な部分の設定を解説していきます。

    • General Settings
    • 以下がGeneral Settingsの画面です。
      シミラーポスツ設定3

      • Number of posts to show
      • (関連記事の表示数)

      • Show static pages?
      • (表示するページ設定)

        • No pages, just posts:投稿記事のみ表示
        • Both pages and posts:固定ページ/投稿記事の両方とも表示
        • Pages but no posts:固定ページのみ表示

      • Omit the current post?
      • (関連記事に表示されているページを含めるか:通常はNo)

      • Match the current post’s category?:
      • (カテゴリ内から関連記事を呼び出す設定:通常はNo)

      • Match the current post’s tags?:
      • (タグ内から関連記事を呼び出す設定:通常はNo)
      上記は全てデフォルトの設定で使っても問題ありません。

    • Output Settings
    • 関連記事の形式を設定できます。
      シミラーポスツ設定4

      • Output template:
      • (どのような形式で関連記事を表示させるか)

      • Default display if no matches:
      • 関連記事の見つからないときの表示設定
        デフォルトだと「None Found」なので「関連記事が見つかりません」等に変更してもよいです。

    • Placement Settings
    • 関連記事をどこに表示させるか、どのように表示させるかを設定します。

      シミラーポスツ設定5

      • Output after post:
      • (記事の最下部に関連記事を自動で表示させる設定。)
        ※phpタグで表示場所を指定する場合はNoを選択

      • Parameters
      • 関連記事表示の見出し部分を設定。
        デフォルトだと「Similar Posts:」なので、その部分を「関連記事」等に変更してもよいでしょう。

    • Other Settings
    • 関連記事を選択してくるキーワード比率を調整します。
      シミラーポスツ設定6

      • Relative importance of:
      • (関連記事選択のキーワード比率を配分)
        • content: / title: / tags: を100%で割り振ります。


    • Manage Index
    • 関連記事を抽出するための設定です。
      シミラーポスツ設定7

      • Handle extended characters?
      • (拡張文字を扱う:Yesに設定)
      • Treat as Chinese, Korean, or Japanese?
      • (中国語、韓国語、日本語を含める:Yesに設定)
      ※上記をYesに設定しないと、日本語での関連記事ワード抽出がうまくいきません。

    以上で、基本的な設定は完了です。

  5. 関連記事を表示させる場所を指定できる。
  6. Similar Postsはタグを埋め込むことによってサイト内の好きな場所に設置することもできます。

    以下のHTMLタグを設置したい部分に埋め込みます。

    <h3>Similar Posts:</h3>
    <?php similar_posts(); ?>

    「Similar Posts:」の部分は見出し部分になるので、
    「関連記事一覧」「おすすめ記事」などに自由に変更できます。


    単一記事(single.php)の記事一番最後部分に上記タグを挿入してみます。
    シミラーポスツ設定8

    以下のように関連記事(Similar Posts)が表示されます。
    similarposts設定

    いろいろ設定いじれるので、試してみてください。


    Refine snowのWordpressテンプレートでの注意点
    Refine snowのWordpressテンプレートを利用している場合、
    デフォルト設定の「Placement Settings」設定で関連記事を出力する場合には問題ないですが、
    上記のphpタグを使い表示場所を指定した場合に、関連記事表示が若干崩れたものになります。

    以下参照画像です。
    シミラーポスツ設定9
    関連記事テキストが中央に寄ってしまいます。(リスト記号は左のまま)

    スタイルシート(style.css)が記事部分のデフォルトとしてセンター揃えになっていて、
    ショートコードによる表記をキレイに見せるための仕様とのことですが、
    これが関連してのバグだそうです。

    プラグインのデフォルト設定だと問題なく表示されますが、
    広告配置などで綺麗に設定したい場合は、
    以下の記事を参照して下さい。ある程度の改善が期待できます。

    参照:ルレアRefine snowでのphp使用方法解説 関連記事などを任意の場所に設置


    リファインスノーテンプレートの場合には、
    他の関連記事表示プラグインを利用していくことも有りです。

    参照:WordPressプラグインおすすめまとめ

    利用状況に合わせてサイトを最適化していきましょう。


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
かなりな位置にいますので、是非現在の順位を以下のボタンより確認してみて下さい。
↓ ↓


記事の内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると嬉しいです!
  

One Response to “Similar Posts関連記事表示プラグイン設定方法使い方解説”

  1. 園山恭平 より:

    関連記事表示プラグインは多数あります。
    個人的に最近はRelated Postが最適ではないかと思います。

    表示のデザインと外部サイトへの発リンクがあるかどうかのバランス等が判断材料かなと思います。

コメントを残す


月収100万円を稼ぐ為のメルマガ講座に無料登録しませんか?


お名前 必須
メール 必須



サブコンテンツ

このページの先頭へ