ドメインとは?意味解説と独自ドメイン取得方法と費用

domain


ドメイン(domain)とは、
インターネット上でWEBサイトのアドレス(住所)やメールの宛先に使われる文字列を指します。

以下の部分がドメインとなります。

  • WEBサイト:http://www.sonoyama.biz →sonoyama.bizの部分がドメイン
  • メールアドレス:アカウント名@sonoyama.biz など
※独自ドメインを取得している場合、メールアカウント名の部分には好きな文字列を指定できます。

独自ドメインの意味と種類

上記のメインドメイン部分で指定している文字列を
自分の指定した文字列で取得することができます。

そうして取得したドメインが独自ドメインと呼ばれています。
(ドメインは全て固有なので全て独自なんですが、無料ブログ等と区別するために呼ばれています。)

ドメインは重複登録不可となっており、先に取得した者が占有権を持ちます。
(先に取得しておけば同じドメインは他者が取得できない)

独自ドメインの取得は、基本的に有料です。


一方ですでにメインのドメイン部分が決まっていて、
そのドメインの左型に任意の文字列をつけてつくるドメインを「サブドメイン」と呼びます。
(例:http://japan.sonoyama.biz ➝sonoyama.biz部分がメインドメイン)

またメインドメインの後ろに「/」で区切って文字列いれてつくるドメインを
サブディレクトリ方式のドメイン」と呼びます。
(例:http://sonoyama.biz/japan/ ➝sonoyama.bizの後ろに階層つくります)


新規独自ドメインの取得方法流れ

独自ドメインの取得は、ドメイン取得業者で空いているドメインを取得します。
ドメイン取得業者も多数存在していて、同じドメインでも取得料金が違います。

取得した独自ドメインは、インターネット上のサーバーにアップして利用するカタチになります。

サーバーは有料と無料のものがありますが、
きちんと継続して運営するのであれば有料がおすすめです。


ドメイン取得の具体的な流れ

  1. ドメイン取得業者でドメイン取得
  2. レンタルサーバーを借りて設定導入
  3. 取得したドメインをサーバーに設定

サーバーにドメインを設定後はWEBサイトを構築していきます。
ドメインをアップロードしたサーバーの設定などでメールアカウントをつくれたりします。

ひとつの独自ドメインでサブディレクトリやサブドメイン形式を利用すれば、
複数のサイトを運営することもできメールアドレスも複数のものを作成できます。


独自ドメイン取得などの費用

独自ドメイン取得の費用は、ドメイン取得業者によって変わってきます。
基本的に期間で継続更新課金制となります。

年間1000円程度~5000円程度のドメイン維持費が相場です。
(○○○.com、○○○.jpなどの「com」や「jp」の部分でもかわってきます。)


ドメイン取得のおすすめはムームードメイン

ドメイン取得業者のおすすめは、国内での新規ドメインだとムームードメインです。
上場企業が運営していて安定しており、価格も安価でサーバー設定等も使いやすいです。
(.com .net .org .info .bizが、年間950 円で安いです。)
もしくはスタードメインなどもおすすめです。

ちなみに、
ムームードメイン等で取得したドメインは、関連会社のレンタルサーバーでなくても
別会社のレンタルサーバーにアップロードすることも勿論可能です。

参照記事:ムームードメインでの独自ドメイン取得方法を解説


レンタルサーバーのおすすめはXserver

ムームードメイン等で取得したドメインをレンタルサーバーに設定しますが、
レンタルサーバーのおすすめは、WordPressを使用するのであれば
Xserver(エックスサーバー)がおすすめです。

最初は月額1050円のX10プランからはじめることをおすすめします。

現在はWordPressに特化したwpXレンタルサーバープランもあるので、
Wordpressを使うのであればこちらでもいいかもしれません。
ワードプレス特化サーバーなので表示や反応が早くなるかもしれません。
(こちらも1年間の使用で月1050円)


サーバーの引越しは大変
※園山恭平は以前さくらサーバーを使っていましたが、その後Xserverに引越しました。
WordPressを使うのであれば、現時点ではXserverが最適です。

サーバーの引越しやサイトの再構築はかなり大変なので、
最初からおすすめのXserverを使いましょう。

参照:さくらサーバーからXserverに引越しました。ブログ重くて限界。


中古オールドドメインの意味

ドメインには、すでに過去運用されていた中古のオールドドメインもあります。
中古オールドドメインは運用歴があるドメインなので、
新規ドメインと違い検索エンジンに対して優遇される場合があります。

こちらの解説と取得方法は、以下の記事を参照して下さい。

参照:中古オールドドメインの取得方法と運営履歴など調べ方まとめ


けっきょくどのドメインを使ったらいいの?

ドメインには英語ドメインの他にも日本語ドメインもあり、様々な種類があります。

以下の記事で、新規ドメイン・中古ドメイン・日本語ドメインの特性を比較して
それぞれにあったサイト運営を解説しています。

是非ご参照ください。

参照:ドメイン取得を徹底比較!新規か日本語か中古オールドドメインか?


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
かなりな位置にいますので、是非現在の順位を以下のボタンより確認してみて下さい。
↓ ↓


記事の内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると嬉しいです!
  

コメントを残す


月収100万円を稼ぐ為のメルマガ講座に無料登録しませんか?


お名前 必須
メール 必須



サブコンテンツ

このページの先頭へ