賢威6.1ヘッダー画像を中央に設置する設定方法

kenicustom


賢威6.1は、デフォルト仕様ではヘッダー画像が左寄りに設定されています。
このヘッダー画像を中央に配置する設定方法を解説します。


まずは、賢威6.0ヘルシー版での解説となります。
(記事後半でクール版の解説も行います。)

賢威6.0ヘッダー画像中央に1
↑上記のようにデフォルトではヘッダー画像は左寄りに設定されています。
このヘッダー画像を中央に寄せる設定をします。

賢威6.0 ヘッダー画像を中央に設置する設定方法 ヘルシー版

賢威のヘッダー画像配置場所を変更していくにはdesign.cssを変更していきます。

ダッシュボードより、「テーマの編集」→「design.css」と移動します。

「design.css」の「ヘッダー」部分記述を変更することにより、
ヘッダー画像を中央に設置できます。

以下の記述(中央設置指定記述)を下記指定の位置に追加記述し、

text-align: center;


以下記述を削除しています。

/*●ヘッダーロゴ(メインタイトル)*/

#header #header-title{

float: left;

width: 59.5%; /*ロゴ(メインタイトル)下の<h1>の1行の幅はこちらのwidthの値を変更*/

}


以下、具体的な変更箇所例です。

【変更前】
/*——————————————————–
ヘッダー
——————————————————–*/

#header{
background: url(./images/common/bg-header.jpg) center top repeat-x #fff;
font-size: 1.2em;
}

#header-in{ padding: 4em 0 1em; }

/*●ヘッダーロゴ(メインタイトル)*/
#header #header-title{
float: left;
width: 59.5%; /*ロゴ(メインタイトル)下の<h1>の1行の幅はこちらのwidthの値を変更*/
}

#header .header-logo{
margin-bottom: 0.2em;
font-size: 2.25em;
font-weight: bold;
}


【変更後】
/*——————————————————–
ヘッダー
——————————————————–*/

#header{
background: url(./images/common/bg-header.jpg) center top repeat-x #fff;
font-size: 1.2em;
text-align: center;
}

#header-in{ padding: 0 ; }


#header .header-logo{
margin-bottom: 0.2em;
font-size: 2.25em;
font-weight: bold;

}

上記の記述に変更します。

賢威6.0ヘッダー画像中央に2
記述を変更すると、上記のように中央にヘッダー画像が配置されました。


賢威6.0 ヘッダー画像を中央に設置する設定方法 クール版

今度は、賢威6.0クール版でのヘッダー画像を中央に設置する設定方法を解説します。

賢威6.0ヘッダー画像中央に3
↑まず、ヘッダー画像をデフォルト設定で設置した状態です。

今回は、同時にヘッダー背景色を白色にしてみます。

ダッシュボードより、「テーマの編集」→「design.css」と移動します。
「design.css」の「ヘッダー」部分記述を変更することにより設定します。

以下の記述を変更します。

【変更前】

#header{
border-bottom: 1px solid #000;

color: #ffff;

font-size: 1.2em;

}




【変更後】

#header{

border-bottom: 1px solid #000;

color: #000;

font-size: 1.2em;

background-color: #fff;

text-align: center;

}

以下記述を削除しています。

/*●ヘッダーロゴ(メインタイトル)*/

#header #header-title{

float: left;

width: 59.5%; /*ロゴ(メインタイトル)下の<h1>の1行の幅はこちらのwidthの値を変更*/

}


賢威6.0ヘッダー画像中央に4
上記記述を変更し、ヘッダー画像は中央に配置でき、
ヘッダー背景が白色になりました。


賢威のカスタムは自由度が高し

HTML記述やCSSを理解していれば賢威テンプレートはカスタムの自由度が高いです。

上記のようにヘッダー画像の位置から背景色変更の簡単なことから、
各コンテンツ部分も自由に変更していくことができるので、
是非HTML記述スキルが向上してきたらチャレンジしてみましょう。

今回のカスタム設定は賢威6.0での例でしたが、賢威6.1でも実用できます。
基本的な記述は同じなので、バックアップを取りながら気軽に変更してみましょう。


賢威6.1導入からカスタム設定方法まとめに戻る


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
かなりな位置にいますので、是非現在の順位を以下のボタンより確認してみて下さい。
↓ ↓


記事の内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると嬉しいです!
  

コメントを残す


月収100万円を稼ぐ為のメルマガ講座に無料登録しませんか?


お名前 必須
メール 必須



サブコンテンツ

このページの先頭へ