無料オファーアフィリエイト案件の登録詐欺の詳細

当サイトでは無料登録を促すことで報酬が発生するアフィリエイト案件
「無料オファーアフィリエイト」の一部を紹介しているページがあります。

参照:最新無料オファーアフィリエイトまとめ

無料オファーアフィリエイトとは、
無料配信されるメルマガ登録等をすすめることにより、
そのリンクからの登録者数に応じて報酬が支払われるものです。

商品を販売成約させなくても報酬が発生するものなので、
成果をだしやすいアフィリエイトとして認識されているものです。

無料オファーアフィリエイト


無料オファーで紹介されている案件の多くは、
メルマガ登録者に対してその後何らかのセールスをしていきます。

高額塾や継続的に販売していく商材等をセールスされることが多いです。

当サイトで紹介している無料オファーは、
基本的には登録後に高額塾等の強烈な売り込みが無いモノです。

この無料オファー自体を僕が紹介して稼いでいるというよりも、
無料オファーの仕組みを理解してもらい
紹介する側に回ってほしいという意向から無料オファーまとめページを作成しています。

メルマガアフィリエイト等の情報発信ネットビジネスを実践する際に、
無料オファーに登録した読者リストに対してセールスをしていく流れは、
理解して参考にすべき部分が多いからです。

プロダクトローンチによる無料オファーからの高額塾販売

無料オファーは開催する側としては「有料で経費利用する集客方法」と言えます。

オファー(メルマガ登録)を紹介してくれるアフィリエイターに対し、
登録数に応じて報酬を支払う(有料広告)ことにより、
見込み客を効率的に集客(メルマガ登録)する方法です。

1件メルマガ登録につき500円の報酬をアフィリエイターに支払ったとしても、
成約率が10%の高額塾を10万円で販売したとしたら、
以下の図式が成り立ちます。

高額塾価格10万円-10件登録の報酬5000円=95000円の儲け


当然この高額塾価格の中にはその他の経費も含まれるのですが、
無料オファーでたくさんの見込み客リストをアフィリエイターに集めてもらえば、
販売商材案件の成約率次第でどんどん売り上げが伸びていきます。

集客はビジネスの一番ネックな部分でもあるので、
そこを無料オファーによりショートカットできるのは効率的です。

このように無料オファーで見込み客を一気に集めて
短期間で一気に商材を売り込む手法「プロダクトローンチ」がよく利用されています。

参照:プロダクトローンチとは?意味と仕組み使い方例解説

短期的に開催して集客し一気に売り込みまくる

無料オファーは継続的に実施されているものと
期間限定で開催されているものがあります。

期間限定開催の無料オファーの多くは、
集めた見込み客リストに対して短期間で一気に
高額商材を売り込みまくる傾向があります。

そこでは販売する高額塾等の商材だけでなく、
アップセル、クロスセルというセールス手法で売り上げを伸ばし、
更にはバックエンドと言われる次の商品販売も控えていたりします。

これにより販売者は利益最大化を狙っていくのです。

参照:アップセル・クロスセル・バックエンド

無料オファーからのセールスはしっかりとしたビジネスモデル

こういった手法で利用される集客手段の無料オファーは、
しっかりとしたビジネスモデルとして成立しているものです。

ネットビジネス系の無料オファーは最近は同じようなランディングページで、
同じような「不労片手間ほったらかしで稼げる」的なキャッチコピーが多く、
販売される高額商材も評判もよいものばかりではないことから、
ネットビジネス実践者の間であまりよいイメージでないこともあります。

しかし、
無料サンプルを利用して有料広告で集客する方法は、
一般的なビジネスでも広く取り入れられており、
ネットビジネスでも無料オファー自体がどうこうというものではありません。

あくまでも、利用者、実践者、セールス商材の評判の部分だと認識しています。

ネットビジネス系の無料オファー紹介のみでは食えない

無料登録のみで報酬があがるアフィリエイトなので、
特に実践初心者層がアフィリエイトするには報酬があがりやすいものです。

1件500円の無料オファーも100件成約すれば5万円報酬です。

ただ逆を言えば、

100件成約させても5万円の報酬にしかなりません。

膨大なメルマガ読者リストを保有する実績者でも、
100件単位の無料オファーを成約させるのはけっこう大変な現実です。

アフィリエイターにとって、無料オファーを紹介して稼ぐよりも、
有料商材にしっかりと特典をつけて紹介する方が報酬成果としては効率的なのです。
(物販系サイトアフィリエイトなら特典すら必要ありません)

無料オファーのみで生活できるくらいの
大きな報酬成果を出すのは至難の業です。

最初のネットビジネスの仕組みを理解することができたら、
今度は無料オファーを開催して集客する側に回るべきなのです。

無料オファーが胡散臭く詐欺的なイメージの理由

このような理由から無料オファーは今後も利点がありますが、
僕自身もこれまで無料オファーを紹介したりしてきて、
様々な問題点や疑問点が生じている部分があります。

簡単に羅列すると以下の3要素です。

  • ASPからの未入金問題
  • メルマガリストの使いまわし流用
  • アフィリエイターの不正登録問題

これらは僕以外のネットビジネス実践者も多数の方が同意する部分ですし、
今後無料オファーを開催する側紹介する側両方の課題でもあります。

詐欺とか悪評が立たないようにしっかりと実践していくべきです。

ASPからの未入金問題

無料オファーを開催する多くの場合、
個人や小規模法人が運営するASPに登録する場合が多いです。

この手の小規模ASPはアフィリエイト案件管理や報酬支払管理がずさんな場合が多く、
ASP規定通りの入金されるべき報酬額に達していても、
支払期日になっても報酬が入金されないという状況がしばしばあります。

これは単純にASP管理者が多忙で処理を忘れていたり、
ASP自体がほったらかしになっている場合が多いです。

小規模ASPは本当に個人が運営している場合が多く、
他の作業が多くなると報酬支払等が後回しにされがちです。

また、

悪質な場合には承認されていても入金されない場合もあります。
僕自身も小規模ASPでかなりの金額報酬が未入金のままなところがあります。

そのようなASPは今後紹介しないで利用しないのが現状の対応策です。

メルマガリストの使いまわし流用

通常メルマガ登録などで扱うメールアドレス(CSV)は、
登録読者が同意した案件以外のメール配信が法律により禁じられています。

ですが、

登録されたメールアドレスに、
登録した内容と違うメルマガが配信される場合があります。

無料オファーによるメルマガ登録時に目立たないように
他メルマガへの代理登録の注意書き等がある場合もあります。


このメールアドレスリストの使いまわしは違法行為ですが、
協賛登録という概念もある為業界内で存在する方法です。

無料オファーに登録する場合は新しく
専用のメールアドレスを作成して登録するのがおすすめです。

参照:Yahoo!ヤフーメールアドレス取得方法を解説
参照:Gmailメールアドレス取得方法を解説

ヤフーメールとGmailはネットビジネス実践のおともです。

アフィリエイターの不正登録問題

上記の2つが無料オファー開催側の問題点としたら、
「アフィリエイターの不正登録問題」は紹介するアフィリエイター側の部分です。

商品購入無しで報酬があがる無料オファーなので、
多数のメールアドレスを取得して自分のアフィリエイトリンクから
自分で無料オファーを登録して不正に報酬を得ようとする行為です。

無料オファーの開催者は、
見込み客を集客する為に1件当たりの報酬を支払っているのであり、
利用者のいないメールアドレスを登録されても意味がないわけです。

なので、
無料オファーの自己アフィリエイトは基本的に禁止されています。
それでも一部のアフィリエイターによる不正登録は問題になっています。

現在は様々なチェックツールやASP機能で不正はほぼ特定される状況です。

ネットビジネス実践での無料オファーの今後

こういった様々な事情がある無料オファーですが、
ネットビジネス実践者が集客で実践するのは今後も有効な手段です。

初心者層はまずは自分が登録して仕組みを理解し、
紹介して報酬を得てみることにより、
ビジネスモデルの理解とスキルの向上につとめていきましょう。


小規模ASPの未入金問題は如何ともしがたい部分なので、
信頼できるASPだったり明らかに人間性がわかる管理者のASPのみを
利用して活用していくといいと思います。

メルマガ配信スタンド「マイスピー」等の登場により、
個人でも気軽にASPを運営できるようになりました。

当サイトで紹介している無料オファーは継続的に実施されているもので、
僕自身が信頼できる案件を順番に上から紹介しています。

参照:最新無料オファーアフィリエイトまとめ

無料オファーのビジネスモデルを理解して、
今後の実践に役立てていきましょう。


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
かなりな位置にいますので、是非現在の順位を以下のボタンより確認してみて下さい。
↓ ↓


記事の内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると嬉しいです!
  

5 Responses to “無料オファーアフィリエイト案件の登録詐欺の詳細”

  1. るか より:

    はじめまして。記事拝見しました。
    無料オファーの現実ってこうなんだと
    勉強になりました。ありがとうございます。

  2. 長沢真帆 より:

    こんにちは

    長沢真帆といいます。

    無料オファーは自己アフィリが禁止なんですか~。

    自己アフィリはやったことがないですけどね^^

    勉強になりました。

    応援押しますね^^

    • 園山恭平 より:

      コメントありがとうございます。

      ネットビジネス系の無料オファーは登録してもらった方にオファーをしていく前提での報酬発生なので、自分でメールアドレスを登録するのは基本的には禁止の場合が殆どです。

      無料でメールアドレスは複数作れるので、そういった部分で違反する心無い方もおられるようですが、無料オファー運営側もしっかりと対応していくことで、双方の信頼関係が得られるものですね。

      人生長いので、しっかりとやっていきましょう!


      と、思っています。

  3. yosioka muneki より:

    お世話になります 園山様
    未だに、右も左も良く分からないまま、続けています。
    収入がないまま、モチベーションを保つのは辛いところが有りますが、明日を信じてスローに頑張っています。

    無料オファーは、できればやってみようかと考えています。

    私のサイトの不具合な点とか、アフィリエイト商品の絞り込みとか、他のことにもアドバイスがいただければ幸いです。

    サクラサーバーからエックスサーバーへ移行しようと考えていますが簡単にできるのでしょうか?

    吉岡宗城もうすぐ還暦です。( ´艸`)

    • 園山恭平 より:

      吉岡さん、コメントありがとうございます。

      サイトを拝見しましたが、なかなかしっかりとしたサイトをつくられていると思います。

      「何をアフィリエイトして報酬を得ていくか」

      この部分をしっかりと検討していき、

      「どういう誘導でアフィリエイトを成約させていくか」

      この部分を理解して実践されると、このサイトはけっこういいんじゃないかと思います。


      検索エンジンのアクセスキーワードは意識したいところですね。


      お持ちのアフィリエイト教材を見返していき、
      一旦教材通りの実践をされて行かれるといいかと思います。


      サーバーの移転ですが、
      Wordpressの場合は、データベースを利用しているので面倒です。

      自信が物凄くある方以外にはおすすめしません。


      地道に継続されていかれてください!

コメントを残す


月収100万円を稼ぐ為のメルマガ講座に無料登録しませんか?


お名前 必須
メール 必須



サブコンテンツ

このページの先頭へ