電子書籍kindle FIRE HDタブレット使用比較とおすすめ

アマゾン・キンドル


amazonの電子書籍用タブレットkindle(キンドル)が日本に上陸しました。
iPadはすでにかなり普及してきた日本ですが、
それ以外の電子書籍リーダータブレットはまだまだこれからな状況でもあります。

アマゾンキンドルの発売により日本のデジタル化データ販売はより進むと思います。

電子書籍リーダータブレットが今後の情報文化の中心に

気がついたら日本の国内の情報網インフラもどんどん変化しています。

  • テレビはアナログ放送から地デジ化になりデジタル配信に
  • 電話もDSLのアナログ電話から「ひかり」になり光ファイバー配信が主流に
  • 携帯電話もいわゆるガラケーからスマートフォンが主流になり4G、LTEは標準規格になり
通信インフラはどんどんデジタル化が進んでいます。
サービス内容(通信速度)や利用価格もどんどん進化している状況です。

電子書籍タブレット


紙媒体(雑誌や書籍等)は電子書籍化が急激に進みだしています。
電子書籍もしくはデータ配信が新聞に取って代わるのは、もはや時間の問題です。

電子書籍タブレットでなくてもスマートフォンiPhoneなどで
ニュースを見る人は莫大な数になっています。

音楽もどんどんデータ化が進んでいます。
音楽ファイルもデータで簡単に複製できるし、ダウンロード販売や無料配信も盛んです。
CDショップ、レコード店は、確かに厳しいご時世となってきています。
レコード(CD)販売業界は、存在意義を再確認されるタイミングです。
(そもそもCDプレイヤーを持っていない層が増えています)

ですが、コンテンツはなくなりません。
アウトプットの仕組みが変わるだけです。。

時代の状況を理解し、前向きに取り入れていきましょう。


電子書籍kindle FIRE HDタブレットの発売

iPadが発売されてかなりの販売本数を記録しています。
iPad miniも発売されてこれまたヒット商品となっています。

海外でかなりのシェアを誇るアマゾンの電子書籍リーダー「kindle FIRE HDタブレット」
今後の電子書籍リーダータブレットの中心端末となる可能性があります。



「Kindle Fire HDX 8.9タブレット」は2014年現時点で最新版のキンドルリーダーです。
8.9インチサイズの画面と軽量ボディで手軽に利用できます。
価格はHDD容量によって変わっていきます。




Kindle Paperwhiteは読書に特化した電子書籍リーダーです。
新聞や本を読むような感覚でタブレットを利用することができます。
紙の本と同じような楽しみ方と、紙の本を越えた利用方法ができます。


電子書籍リーダー使用比較とおすすめ

アマゾンキンドルタブレット以外にも多数の電子書籍リーダーが発売されています。
それぞれの仕様には違いがあり、目的と好みに応じての購入がおすすめです。

利用目的に応じて見比べるべき点は以下の箇所です。

  • ディスプレイのサイズと重量
  • 使用OSやCPUなどのプロセッサー部分
  • バッテリーの持ち
基本的にはOSの違いが一番のポイントとなります。
メーカーが違えばそれぞれの利用特化ポイントも変わってきます。

iPadやキンドルか、はたまた国産メーカータブレットかアジアメーカー(ASUS等)か。
どのOSを利用するかでかなり変わってくるので検討していきましょう。


WEBサイト構築もタブレット閲覧を意識して

上記の記事は2012年11月2日に書いたものです。
キンドルが日本に上陸して、家電量販店などでも大きく扱われています。

スマートフォンの普及とiPadの普及。
手軽にインターネットコンテンツを閲覧する状況がどんどん進んでいます。

キンドルもkindle FIRE HDからkindle NEXUSなど多数のモデルが発売されています。

今後の流れとしては、よりこのようなタブレットが普及していくと思いますので、
インターネットコンテンツのタブレットでの視聴を意識して作成していく必要があります。

それには以下のような部分を意識することが必要となります。
  • サイト作成時のレスポンシブ対応テンプレートの使用
  • スマートフォン用閲覧サイトの作成
  • アクセス時に反応良い(軽い)サイト作成
これらが大切になると思います。

当サイトより、アフィリエイト用の対象教材を購入頂いた場合に
スマートフォンにも対応するレスポンシブ対応Wordpressテンプレートを差し上げています。

ご興味ありましたら、以下よりご確認下さい。

参照:レスポンシブ対応テンプレート特典教材のご案内

またワードプレスでWEBサイトを運営する場合には
是非レスポンシブ対応テンプレートを利用していくことが重要です。

以下の記事で最新のワードプレステンプレート情報を解説しています。

参照:WordPressテンプレートおすすめ比較情報まとめ


タブレットやスマートフォンでのWEBサイト閲覧に最適化していきましょう。


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
かなりな位置にいますので、是非現在の順位を以下のボタンより確認してみて下さい。
↓ ↓


記事の内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると嬉しいです!
  

コメントを残す


月収100万円を稼ぐ為のメルマガ講座に無料登録しませんか?


お名前 必須
メール 必須



サブコンテンツ

このページの先頭へ