プロパガンダとは?意味と使い方種類事例解説

プロパガンダとは?意味と使い方解説動画

レジュメのダウンロードはこちらから

プロパガンダとは元々は政治的な用途で利用された宣伝行為手法です。
プロパガンダという言葉も政治用語として利用されていたものです。

目的とする方向に意識的に誘導をかけていく心理的な宣伝手法です。

政治的な方針で戦争を起こす時に国全体が戦争に対して前向きになる為に
情報網を利用してプロパガンダで民意を得ていく為に利用される手法です。
(第二次世界大戦時のナチスドイツが徹底利用したのが有名です。)
また選挙等の時によく利用されるものでもあります。

プロパガンダの手法は様々な宣伝行為に利用されています。

国策をポジティブに印象付けて民意を得る為の宣伝から、
商品の販売におけるマーケティング手法まで様々な分野で利用されています。

ネットビジネスにおいてもその手法は活用されており、
知らず知らずのうちに利用している場合もありますが、
しっかりとプロパガンダの意味と使い方を理解したうえで利用すると、
より効果的に利用でき反動も少なく実践することができます。

コピーライティングのテクニックとしても利用されています。

プロパガンダの意味と種類と基本的な使い方を解説します。

プロパガンダの意味と目的

プロパガンダの言葉の意味は「特定の方向へ誘導する意図を持った宣伝行為」なのですが、
あの手この手の様々な方法を利用して宣伝誘導していくものです。

宣伝手法の中の1分野としてプロパガンダがありますが、
その種類とやり方が極端な部分もあるので、実践方法に注意が必要です。

プロパガンダ


「特定の方向へ誘導する」ことがプロパガンダの目的となりますが、
そこに至るプロセスの中で「分かっていても逃れられない」ように誘導していき、
心理的な要素と強制的な誘導手法を駆使していきます。

プロパガンダの中にも様々な種類と手法があり、
その数種類を組み合わせて利用していきます。

頭で考えさせるのではなく、
感情に訴えかけることでより強い誘導力を発生させていくものです。

プロパガンダの種類

プロパガンダにはいくつかの大枠の種類があります。
以下の4つの種類になります。

  • ホワイトプロパガンダ
  • 真実や事実に基づく情報をもとにしたプロパガンダ

  • ブラックプロパガンダ
  • 虚威や嘘の情報を出どころをはっきりしない形で拡散させる手法

  • グレープロパガンダ
  • 情報の不都合な部分を隠して都合のいい部分のみを拡散させる手法

  • カウンタープロパガンダ
  • 共通の敵を創出してそこに対して一致団結させていく手法。
    報復攻撃ともいう。

プロパガンダの手法の種類

4つのプロパガンダの種類の中で、様々な具体的使い方が存在します。
それぞれ心理学に基づいた人間を無意識で誘導させていく手法です。

幾つかの例をあげておきます。

  • 故意の情報操作
  • グレープロパガンダの部分で都合の悪い部分を隠して都合のいい部分だけ出す手法

  • バンドワゴン効果
  • たくさんの行列や集団を意識的につくり、そこへ民衆を誘導していく手法
    サクラ効果とも言う

  • 2つの選択肢
  • 複数の選択肢ではなく、2つのみにして選択させる。
    「闘いか、降伏か」

  • 固有のイメージ化
  • 選択肢を提示する際にそのものにイメージをつけていく。
    善か悪か、良いか悪いか、等

ネットビジネスにおけるプロパガンダの使用例

インターネットビジネスにおける情報発信手法でもプロパガンダは有効です。
メルマガアフィリエイトの実践においては特にプロパガンダが多様されています。

「集客」「教育」「販売」のDRMを実践する際に、
特に「教育」と「販売」部分でプロパガンダの手法はよく利用されます。

例えば以下のようなイメージ化と2択化をしていくこと等があります。
  • ネットビジネスを実践する=自由になれる第一歩(善)
  • サラリーマンとして社畜として働く=奴隷のような日々(悪)
あっちを選べば悪でこっちを選べば善、というようなイメージ戦略となります。
またメルマガ等でネットビジネスでの成果者をどんどん紹介していくことで、
よりバンドワゴン効果を狙って参加者(実践者)を増やしていく効果もあります。

マーケティングでのコピーライティング手法としてもプロパガンダは重要な技術です。

当然、
グレーやブラックなプロパガンダを多用していると、
その内情が明らかになった時に反動として信頼を失います。

また、強烈に感情に訴えかけて誘導していくので、
誘導した先にしっかりとした内容(成果)が無いと失望に変わります。

こういったプロパガンダ利用後の反動に注意していきます。

具体的な事例からプロパガンダを学ぶ

プロパガンダには実際の事例を見ながら学んでいくのが早いです。
書籍を読むことにより学ぶのがおすすめです。

以下の書籍はプロパガンダに関して実例交えて解説されています。


プロパガンダ解説まとめ

プロパガンダは元々は政治的な部分で利用されていた極端な誘導宣伝手法ですが、
現在の商品マーケティング宣伝などでも手法は多数活用されています。

しっかりと実践内容の全体を理解したうえで活用していくべきものです。
使い方と目的、そして誘導後の反動にも注意した上で利用していきます。


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
かなりな位置にいますので、是非現在の順位を以下のボタンより確認してみて下さい。
↓ ↓


記事の内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると嬉しいです!
  

コメントを残す


月収100万円を稼ぐ為のメルマガ講座に無料登録しませんか?


お名前 必須
メール 必須



サブコンテンツ

このページの先頭へ