WordPress(ワードプレス)効果的な使い方とHTMLウェブサイトとの違い解説

WordPressの優位性とHTMLサイトとの比較解説動画

レジュメのダウンロードはこちらから

WordPress(ワードプレス)とは、
インターネット上で無料公開されているブログ作成システムですが、
このワードプレスの登場によりインターネット上でのWEBサイトの構築状況も変化しました。

独自ドメインを利用して構築でき記事更新や拡張性に優れたワードプレスは、
インターネット上でログインすればどこからでも更新できる便利さもあり、
利用ユーザーを爆発的にのばしています。

インターネットビジネス実践者にもWordpressのファンは多く、
現在多数のアフィリエイターがWordpressを利用してメインサイトを構築しています。
(当サイトもWordpressを利用して作成しています)

通常のHTMLタグで構築するWEBサイトも軽くて表示早くていいのですが、
WordPressには様々な利便性があります。

両者の違いを比較しつつWordpressの効果的な利用方法を解説します。

WordPressとHTMLサイトの違い

Wordpressで構築するWEBサイトとHTMLでそのまま作成するWEBサイトは、
以下の複数な部分等で違いが明確にあります。

wordpresshtmlsite


それぞれの適性を理解して使い分けていくことで、
効果的なWEB集客を可能にしていきます。

WordPressの特徴
  • Mysql(オープンソースデータベース)を利用する
  • インターネットサーバー上のWordpressシステムを利用する
  • プラグインが利用できる
  • WordPressテンプレートが利用できる
  • 独自サーバーにアップロードしたらログインしてどこからでも更新可能
  • 複数のユーザーで共有して更新できる
Wordpressはインターネットサーバー上にあるシステムを利用して作成するものなので、
インターネット回線があれば、そこにログインして更新すればどこからでも更新できます。

また、拡張機能プラグインを利用することができ、
簡単にWordpressサイト全体をカスタマイズすることができます。

有料無料含め多数のワードプレステンプレートが存在しており、
それらのテンプレートを利用することである程度整えられた形から構築できます。

記事更新時に利用するダッシュボード(管理画面)も使いやすく、
視覚的に記事更新できるビジュアルエディタ
よりHTML記述を適切に設定できるテキストエディタとが用意されています。
それぞれ適宜用途に応じて利用することで作業効率向上が見込めます。

サーバー上にWordpressを設置するのにベータベースを利用する必要があり、
レンタルサーバー等では利用可能個数が限られている場合が多いです。
なのでサイトの量産にはワードプレスは向きません。

HTMLで構築するWEBサイトのWordpressとの違い
通常のWEBサイトを構築する場合はHTML記述を利用して作成します。
なのでWordpressを利用しない場合の多くはHTML記述を利用していきます。
(ムーバブルタイプ等Wordpress以外の仕組みもあります)

以下にあげるHTMLサイトの特徴は「Wordpressと比較した時のもの」になります。

  • サイトシステムがWordpressに比べて軽い
  • プラグイン等の拡張機能が充実していない(タグ記述で外部サービス連動等は可能)
  • サイトHTML記述をアップロードして更新する
HTML記述で構成したWEBサイトはWordpressに比べてシステム全体が軽いです。
なので同程度のボリュームサイトではHTMLサイトの方が表示速度が速い傾向にあります。

また、
拡張機能であるプラグイン的なものがワードプレスのように充実しておらず、
HTMLタグで埋め込むことにより利用可能なものはありますが、
1ページごとに設定していくのが主流となっています。

WEBサイトの更新時には「そのHTMLデータがある状態」でサーバーにアクセスし、
更新箇所をアップデートしていく為にどこからでも気軽に更新はしにくいです。

サーバーのftp情報を常に所有することでインターネット回線ある状況であれば、
そこから更新可能ではありますがセキュリティ上もあまり現実的ではありません。

WEBサイトのHTML記述を保存している場所からしっかりと
更新作業していくのが現実的に効果的なサイト運営方法と言えるでしょう。

WordPressの効果的なWEBサイトでの使い方

Wordpress(ワードプレス)は上記のようにHTMLサイトとの違いを考えると、
「更新頻度が多く」「様々な拡張機能を利用したい」サイトの場合に利用するといいです。

wordpress活用


また、どこからでもインターネット回線があれば
ワードプレスシステムにログインして更新できる部分も重宝されるので
気軽に場所を選ばずに更新できるので長期的に運営していくサイトに向いています。

Wordpressはユーザーインターフェース管理画面も比較的使いやすいので、
WEBサイト作成時に必要なHTMLスキルも必要最低限のもので使用できます。

そういった手軽さが利点ともいえます。

便利なWordpressですが利用に際しMysql(データベース)が必要なので、
レンタルサーバーごとに利用できる個数上限が決められている場合が多いです。

多数の記事を投稿していくパワーサイトに利用する方が適しているので、
Wordpressはそういった場合中心に利用していきます。

Wordpressでのサイト構築手順は以下の記事に順番にまとめています。

参照:WordPressでのサイト開設方法と運営方法まとめ

Wordpressの利点を活かせる場合には充分に活かして活用していき、
HTMLサイトが適切だと判断したら随時その方法で構築していきましょう。


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
かなりな位置にいますので、是非現在の順位を以下のボタンより確認してみて下さい。
↓ ↓


記事の内容はいかがだったでしょうか?

もしも当記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると嬉しいです!
  

2 Responses to “WordPress(ワードプレス)効果的な使い方とHTMLウェブサイトとの違い解説”

  1. まっしー より:

    ありがとうございました。
    とても参考になりました。

  2. 匿名 より:

    初心者ですがわかりやすかったです!

コメントを残す


月収100万円を稼ぐ為のメルマガ講座に無料登録しませんか?


お名前 必須
メール 必須



サブコンテンツ

このページの先頭へ